女性

御茶の水美術学院は学びの宝庫|夢へ近づくには

受験で勉強以外の注意点

女の人

高校や大学入試で一昔前は筆記試験や内申書の成績が良ければ合格しましたが、最近は試験以外に面接を取り入れて人間性も評価の対象とする学校が増えています。このため中学や高校では、受験対策として面接時のマナーも取り入れています。面接時のマナーについて点数化して評価されますが、評価のポイントは中学生、高校生としてのマナーが身についているか、言葉遣いや身だしなみはキチンとしているか、勉学の意欲や協調性、自主性等が養われているか、などです。そこで面接時のマナーの対策や練習が重要になってきますので、幾つか紹介します。まずは面接に余裕を持って臨める準備が大切です。自宅から面接会場までのルートや路線を下調べして、余裕を持って到着しておきましょう。そして面接当日も早めに起床して充分身だしなみを整えておき、気持ちに余裕を持たせることです。次に会場について面接を受けるまでの過ごし方も重要です。待合室では私語を慎み、みだりに歩き回らないように心がけて下さい。呼ばれたら大きな声で返事をしてノックをし、呼ばれてから入室しましょう。入室したら面接官の方を向いてお辞儀をして促されてから着席して下さい。最も大切な面接中のマナーですが、質問された相手の方を向いて目を見て受け答えしましょう。早口にならず、落ち着いて話すよう心がけて下さい。話の内容は簡潔に筋道が通った内容になるよう気をつけましょう。退席時もお礼を言って、お辞儀をしてから退席しましょう。