男性

御茶の水美術学院は学びの宝庫|夢へ近づくには

美術の大学に行きたい

ウーマン

美術の大学を受験するには

子供の頃から美術や芸術に興味があり将来美術大学や芸術大学の進学を志す人にとって、受験勉強の方法が悩みの種です。一般的な大学ならば進学塾は数え切れないほどありますが、美術や芸術大学受験の塾は少ないものです。独学での勉強も限界がありますので、関東近郊にお住まいなら、御茶の水美術学院に通うのがオススメです。御茶の水美術学院は1955年に創立され、60年以上の歴史と伝統のある美術大学と芸術大学受験専門の予備校です。所在地は東京都千代田区と、都心の中心地にあり、関東近郊にお住まいなら無理なく通学できます。対象とする学生は中学生や高校生、浪人生と幅広く受け入れてくれるのが特徴です。御茶の水美術学院では大学受験だけでなく、美術系の高校受験にも対応してくれます。選択できるコースも様々で、初心者が基礎から学べるコースや受験対策に特化したコースまでありますので、自身に合ったコースを選択しましょう。学校に通いながら学べるように夕方や夜間の授業もあり、土日も開校していますので、学校との両立も充分可能です。授業のカリキュラムも、進学したい美大や芸大の学科に合わせた受験対策カリキュラムを用意してくれます。御茶の水美術学院はプロの講師陣が在籍し、各大学の過去問から試験の傾向を分析して合格するための必要な知識と実践力を指導してくれます。実際に授業を体験したい方のために無料体験学習が用意されていますので、実際に授業を受けて雰囲気やカリキュラムの内容を体験できるので、安心して入学できます。

レディ

百万円以上かかることも

医学部に受かるためには、予備校に通うことが一般的です。ただし、合格率が高く、評判のいいところを選びましょう。それから、費用もかなりかかります。小さいうちから目指す場合、塾通いの分も含めると軽く100万円は超えるはずです。

婦人

面接試験の対策方法

面接対策として、自分のこと、また入りたい企業や学校のことをしっかり分析しておくということが挙げられます。何を聞かれてもすらすら答えられるよう、しっかり勉強しておきましょう。また、座り方やドアの開け方などの基本的なマナーも、しっかり学んでおきましょう。

女の人

受験で勉強以外の注意点

近年は、高校や大学入試でも面接を行う学校が増えています。学生としての身だしなみやマナーがチェックされるので、当日までに整えておきましょう。また、当日は会場に余裕をもって到着し、落ち着いて面接を受けることが大切です。